消費者金融でお金を借りるには

消費者金融でお金を借りるためには、まず申し込みが必要です。申し込みはいくつかの場所から行うことができます。大手と呼ばれるような消費者金融とであれば、まず、有人店舗、そして無人店舗、電話、インターネットからの申し込みが可能です。この中で、申込時に人と話す必要のないのはインターネットですが、在籍確認を兼ねた折り返しの電話で話す必要があるので、人と一切会話をせずにお金を借りることはできません。無人店舗は確かに人はいませんが、通信回線を利用してオペレーターと会話する必要があります。
申込書とともに消費者金融に送る必要があるのが身分証明書です。運転免許証のような公的な機関が発行したものが必要になります。なので、社員証などは使えません。
また、連絡先も必ず必要になります。そのため、住所不定の状態ではお金を借り入れすることはできません。電話もほぼ必須で、固定電話か携帯電話、あるいはその両方が必要になります。申込書に記入した電話番号には、申し込み直後に確認の電話を入れられるため、存在しない番号を書いてしまうとその場でばれてしまいます。当然、審査上、大きなマイナスになります。
逆にお金を借りるのに必要なイメージはあるものの、実際には不要なものとして保証人と担保があります。どちらも絶対に求められないとは言い切れませんが、一定以上の収入があり、他社からの借入はまったくないか、あるいは少ないのであれば、求められることはまずないでしょう。

関連記事